• 映像制作をするときの注意点

    今は手軽に誰でも映像制作をすることが出来ますが、多くの人に見てもらうにはいろいろな注意点もあります。

    まずは、公序良俗に違反するようなことは避けるべきです。


    最近はネットの利用マナーというようなものも話題となっています。
    なんでも作っていいというわけではなく、最低限のマナーは守る必要があります。

    そして、著作権というものも問題になります。
    これは、映像制作では特に注意が必要です。

    お客様に相応しい東京新聞情報を簡単に調べられます。

    自分が撮影したからといってなんでも公開していいいわけではありません。
    また、映像に加えて音声や音楽なども入れる時には、それらにも著作権に違反していないかを考える必要があります。

    今はだれでも手軽に映像制作が出来るようになった代わりに、こうしたことを注意しないで投稿する人も多くなっています。


    ですが、当然最低限のマナーは守るべきですし、法律に違反するようなことはしてはいけません。何でも出来るということと、やっていいことというのは違います。



    映像は多くの人が見ることが出来るので、大きな影響を与えることにもなる可能性があるものです。



    ちょっとしたことでも、あっというまに世間に広がるということがあるということを自覚したうえで映像制作をする必要があります。これは個人が趣味でする場合も同様で、趣味だから何でもしていいということにはなりません。

    仕事でも趣味でもしっかりとしたマナーを守って映像制作をする必要があるということは自覚しておくべきでしょう。