• 映像制作ではどういうことをするのか

    映像制作というとテレビ番組のテーマに従ってビデオカメラを使って収録をおこなったり、CM撮影を行う、あるいは企業紹介で社史の形でまとめるといったことも行われています。



    インターネットの発達した現在では動画共有サイト用にマニュアルや宣伝広告を制作することも行われています。そして映像制作では1990年代後半から3Dのフルアニメーション映画が見られるようになり、2000年以降は数多く作られるようになって来ています。3Dアニメの映像制作にあたっては題材選びを行ってから企画に入り絵コンテなどを描きます。
    長編ものの場合には1秒30フレームになりそれにそった必要枚数の画像をレンダリングすることになりますから、一般公開時期に合わせて仕事を進めて行くことになります。これを扱うスタッフの数も何百人態勢であったり、パソコンの台数も何百台という台数になります。
    そして採用するソフトウェアメーカーが決まったら、効率を上げるために独自のソフトが開発されることもあるようです。

    便利な産経デジタルの情報収集ができます。

    制作順序としてはモデリングを行い、質感や色を付けます。



    それに骨組みを入れてキーフレームとなるところでポーズをつけこれを動かします。

    場合によってはモーションキャプチャーという人間の関節箇所などに器具を取り付けてその動きのデータを取り込んでこれをキャラクターに適用することでスムーズな動きを再現することが出来ます。


    そして爆発や波、炎その他の効果もかけます。

    照明やカメラ位置をセットして1枚1枚レンダリングして行きます。この作業は時間も多くかかり編集作業など含めると約3年かかるとされています。