• 映像制作という分野について

    映像制作はテレビCMを始めとして企業紹介や結婚式の記録、テレビ局の企画にそったテーマに基づいて映像を撮る場合もあります。
    予算内でディレクター、ビデオカメラマン、照明、音声、機材係などのスタッフを決めて撮影計画を立て、ロケハンを行ったり撮影に出かけて行ったりします。
    主題の撮影以外にも使えそうな素材を多く撮って持ち帰り、ポストプロダクションの作業をビデオ編集ソフトを使って行います。

    画面のタイムライン上でBGMやナレーション、タイトル、トランジション、CG、効果等を入れて編集します。

    映像とこれらの音楽その他の素材をまとめ、最後に目的のファイル形式で書き出して完成したら納品という形がとられます。

    livedoorニュースの口コミ情報を掲載しています。

    映像制作においては何を作るのかを一連の流れとして捉え、それを絵コンテの形で描いて行きます。



    こうすることで自分だけがわかるのではなく、共同作業を行う他の人々にも考えていることを直接に伝えることができ理解を深めることが出来ます。



    そしてミュージックビデオなどの映像制作ではテーマにそった舞台や歌詞の内容に合った小物類も用意します。
    歌詞の流れにそって場面場面で何を見せるか、どの場面で気分が高揚するような背景に持って行きたいか、カメラの方向やアングルを計画します。

    アーチストやグループであれば衣装を変えたパターンも何通りか用意して現場で音源を流しながら撮影を行い、つなぎの部分も関連映像を交互に挟んだりして編集して行きます。照明においては暗い映像にならないように注意し、背景の映像には必要なものだけが映るように配慮します。